2012/10/25

11/2/FRI. LAND OF LIGHT 1st Album RELEASE PARTY at SECO

 

2012/11/2/FRI.  23:00-
ENESP [ene x ESP Institute] presents
LAND OF LIGHT 
1st ALBUM 
RELEASE PARTY
at SECO Shibuya

LIVE
LAND OF LIGHT(ESP Institute)
KUNIYUKI(Mule Musiq)

DJs
COS/MES
DISCOSSESSION
THE BACKWOODS aka DJ KENT
TSUYOSHI KOSUGA
and more

CANDLE DECORATION
AKARIYA

supported by 
vendor

OPEN/START : 23:00
ADMISSION : 3,500YEN

more info.
http://secobar.jp


LAND OF LIGHT (KYLE MARTIN & JONNY NASH)



kuniyuki
札幌を拠点に活動するKuniyuki Takahashi。彼の音楽は、国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている。Joe Claussell主宰[Spiritual Life]傘下の[Natural Resource]から自身のホームタウンであり、札幌の名クラブをトリビュートした曲「Precious Hall」をリリース、4Heroの2000Blackのコンピ参加、Ananda Projectの名曲「Cascade of Colour」のリミックス・リリースなどジャンルレスな音楽形態を持ちながら、日々新しい音楽の形をクリエイトしている。[Mule Musiq]よりKuniyuki名義でのニューシングル「Earth Beats」をリリースし、数多くのDJからプレイされ、圧倒的な支持を得た。2006年に1stアルバム「We are Together」リリース、そして全国ツアーやジョー・クラウゼルのパーティーにてNYでのライブを実現し、ライブ・パフォーマンスとしては常に真の音楽を見つめたライブも繰り広げる。2007年11月リリースされたセカンドアルバム「All These Things」はファーストアルバムリリース後に行った無数のライヴや国内外DJ/クリエーターとの幅広い交友から生み出された作品である。翌年これら二枚のアルバムから世界各国で活躍するARTIST達によってREMIX(Henrik Schwarz,Theo Parrish,Cobblestone Jazzなど)されたアルバム「REMIXED」が7月にリリースされた。2009年には待望のサードアルバム「Walking In The Naked City」をリリースする。このアルバムでは日本のジャズシーンでは独特の世界感を持つジャズピアニストの板橋文夫や盟友Henrik Schwarzはボーカルで参加し、新たなるステージを表したアルバムとなっている。2010年11月にはこれまでの作品を更にダンスチューンにしたトラックと未発表曲を集めたアルバム「Dancing In The Naked City」をリリースし、新境地へと進んだ。そして2011年には「All These Things」のjoe claussell のremixが12inch限定でリリースした。
同年ドイツ、ロシア、エストニアでのliveを行い、益々活動の場を広げている。そして11月には新しいアルバムをリリース予定していて、今回も素晴らしいアーティストをフューチャリングした作品となっている。

CANDLE by AKARIYA




















2012/10/03

LAND OF LIGHT 1st. Album 2012.11.07.RELEASE

 LAND  OF  LIGHT  
1st ALBUM
"LAND  OF  LIGHT" 

ENESP 002(JAPAN ONLY)
ESP 009(WORLD)


2010年、レーベルESP InstituteはJONNY NASHのプロジェクトSombrero Galaxyの12"のリリースを皮切りに、COS/MESのアルバム、4タイトルのRemix EP、TIAGOの別名義Sea Power & ChangeのEP、COS/MES & CHIDAのチャリティー12"、soft rocksのアルバム等をリリース。フロアもリスニングも知り尽くしたLovefingersならではのラインナップのリリースに目が離せないリスナーも多く、今や世界中で絶大な支持を得ている人気レーベルESP Institute。そのESPとeneのジョイント企画第2弾が、JONNY NASHがKYLE MARTINによる新ユニットLAND OF LIGHTであります。
透き通るほどに美しく艶やかでありながら壮大なスケールのサウンドスケープを描く、まさに性別、国境、世代問わず、全ての人向きのグッド・ミュージックで綴られた大名盤。既にヨーロッパでは大きな反響があり、後世に残すべき大名盤とまで評されたり、来年のフェスへの出演問い合わせも受け始めているとか。
まずは試聴音源をチェックしてみて下さい!

そして世界に先駆け、来日ライヴ決定しました。
11/2の夜は是非渋谷のSECOへ. . . . 
かなり豪華ラインナップ調整中です。詳細は2-3日中に改めてお知らせします。


PLAY LIST
01 Flares
02 Bell Rock Outpost
03 Strange Attractor
04 Isle Of Tears
05 Presence Of The Past
06 Higher Love

LABEL :  ENESP (ene x ESP INSTITUTE)
CAT# : ENESP 002
TOTAL time 37m19s / TOTAL 6TRACKS
1,890yen(tax in)1,800yen(w/o TAX)

DISTRIBUTED BY
ULTRA VYBE(JAPAN ONLY)
TEL:03-5485-2301




JAPAN TOUR
詳細は後日. . .

11/2/FRI. SECO Shibuya
http://secobar.jp/

11/3/SAT. Hikari No Lounge Okazaki
http://www.ragslow.com/HILARINOLUNGE.html

11/7/WED. Conpass Osaka
http://conpass.jp/

11/9/FRI. EMERALDA Gifu
http://emeralda.jp/

11/10/SAT. T.B.A.



If you don't have time to really listen, please do not buy this record. If your mind is not ready to unwind, please do not buy this record. If you are looking for the next big track to play at your cool party, if you are worried about keeping "real" or staying "raw" or about your image as a purist and regurgitating the essence of eras past, please do not buy this record. However… if you find yourself taking for granted all the natural beauty that surrounds you, caught up in trivial occurrences that interfere with your daily happiness, letting social constructs shape your mood… then please do buy this record, sit down, focus on what is right there in your hands, turn to your loved one, breathe deeply, enjoy the light in the room, savor your food perhaps, and simply appreciate all that is happening in this particular moment... levitate in awe as you enter the Land of Light, a new work by Jonny Nash and Kyle Martin.



Jonny Nash began production as part of Tokyo’s Discossession collective, where he recorded on Crue-L records alongside artists such as Cornelius and Love Tambourines. A staple member of ESP Institute since its inception, Nash released the labels’ debut under the name Sombrero Galaxy which earned praise across the board of high profile deejays including David Mancuso and Francois K. Recent remix work for the ESP Institute and for artists such as Tiago’s Sea Power & Change, Seahawks and Cos/Mes has seen Nash further develop a distinctive deep, ambient style with nods to the past but remaining committed to the principles of “future” music.
Kyle Martin, after learning the ropes in the studio from Gary Burns (Sabres of Paradise / The Aloof), released his debut EP in 2008 on the This is Not An Exit label under the alias Spectral Empire. He has also contributed a number of remixes for the ESP Institute under the same name,including a brilliant recent remix for Soft Rocks. Aside from production work, Martin also plays synth with ex-Ozric Tentacles / Planet Gong-fronted spacerock band Dream Machine.
Their collaboration, Land of Light was conceived in 2009, born from Nash and Martin’s shared desire to create timeless music without any agenda, pouring their heart and soul into their music whilst meticulously honing their craft in the studio. This project has no preconceived concept aside from the simple and natural flow of their collaboration.
The Land of Light album was composed, performed and mixed entirely in the duo’s North London studios over the course of three years. In addition to this studio project, Land of Light has cultivated a live act through a small array of analog drum machines and synthesisers, allowing them to improvise and rework their music in a variety of contexts.



also check this out!!
ENESP第一弾のTHE BACKWOODSのREMIX EP。少量のアナログのみのリリースながら、CLOUD NINE(THE STALLIONS REMIX)はこの夏ダンスフロアやフェスのピークタイムには欠かせないアンセムとなりました。


2012/06/09

2012/6/15/FRI. ene x ESP Institute presents ENESP No.1

!!!!!!! SUPER DISCOUNT GUEST LIST !!!!!!! 
当日料金から1,000YENオフの、2,500YENにて入場頂けるディスカウントゲスト希望の方は全員分のカタカナフルネームを記載の上、以下のリンクからメッセージ送信して下さい。
DISCOUNT GUEST LIST 
!!!15日(金)19時締切!!! ※因みに23:30までならもれなく1,000YENにて入場頂けます!!


ene x ESP Institute presents
"ENESP No.1" feat.
ROOM FULL OF RECORDS KICK OFF PARTY
at eleven



2012/6/15/FRI.  Open 22:00
¥3500(Door) ¥3000(with flyer) ¥1000(before 23:30)

DJ:
Lovefingers(THE STALLIONS/ESPInstitute)
The Backwoods aka DJ KENT
5ive(COS/MES)
Chida

Live:
Mandog(ROOM FULL OF RECORDS)
Kaoru Inoue(SEEDS AND GROUND)

B1F
"Some Song Teachers Lounge"
DJ:
Dr. Nishimura(Discossession)
Keita(JACK)
ASAI(E.M.G.S)
Drunken Stein
Albert Kohein
The Masa




Lovefingers(THE STALLIONS/ESP Institute)
Lovefingers ことAndrew Hoggeは世界のディスコエリート達の間では名の知れた存在だ。http://lovefingers.orgにアップされた999曲の fingertrackは、急成長する今日のダンスシーンにとてつもないインパクトを与えたアーカイヴである。また、2001年からBlackdisco Social Clubというパーティを主催し、後にレーベル[Black Disco]をスタート。DJ Harvey、James Murphy、Todd TerjeといったトップDJからもサポートされる人気レーベルだ。更に2010年からレーベル[ESP Institute]を始動。COS/MES、soft rocks、TIAGO、CHIDAといった、先進的なアーティスト達の新しいサウンドでダンスシーンを打ちのめし、世界中のアンダーグラウンドシーンに おいて熱狂的ファンを増やし続けている。また、既に数々のエディット、リミックスをリリースしてきたThe Stallionsは、Lee Douglas (TBD)とLovefingersによるプロデュース/DJユニットであり、先頃THE BACKWOODSのピークタイムボム「Cloud Nine」のリミックスは2年の歳月を経て完成。B面には「Awakening(COS/MES Morikawa Remix)」を収録。DJとしても生粋のディープディガーならではの音の幅と深み、抜群のセンスとスキルを兼ね備えているだけあって、世界各地からのオファーが絶えない人気DJである。

http://www.residentadvisor.net/dj/lovefingers
http://soundcloud.com/esp-institute
http://www.facebook.com/lovefingers







4 x 12" OUT !

ene, FUNIKI ENE, SEEDS AND GROUNDから、
THE BACKWOODS, COS/MES, KAORU INOUEの12"絶賛発売中!!

enerec012
Artist : THE BACKWOODS
Title : Flying Bugz(Kaoru Inoue Remix) c/w Flying Bugz(Original)
http://soundcloud.com/enetokyo/sets/enerec012-the-backwoods-flying/


FUNENE1202
Artist : COS/MES
Title : Sadistic EP#2
http://soundcloud.com/enetokyo/sets/funene-1202-cos-mes-sadistic-1/



SAGVP2012A
Artist : Kaoru Inoue
Title : Ramafar c/w Ground Rhythm(The Backwoods Remix)
http://soundcloud.com/enetokyo/sets/seeds-and-ground/


ene x ESP InstituteによるジョイントレーベルENESP 001も遂にキックオフ!
ENESP 001
Artist : THE BACKWOODS
Title : Cloud Nine(The Stallions Remix) c/w Awakening(COS/MES Morikawa Remix)
http://soundcloud.com/esp-institute/sets/enesp001

2012/05/01

2012.5.5.Sat. undergram x ene present VAKULA JAPAN TOUR 2012 at UNIT

5/5/SAT.はFORCE FIELDやPRINS THOMAS at OPPA-LAなどなどありますが、ちょっと聴いた事の無い感じのDJプレイを聴きたい!という方は是非UNITへ!!
VAKULA (Leleka / UA) 現在、ポストビートダウン〜ディープハウス・シーンで最も注目を浴びているウクライナの才人、VAKULA。2008年に鮮烈なデビューを飾ったUzuriをはじめ、Firecracker、Prime Numbers、Best Works、3rd Strike、Ethereal Sound、Archipel、Quintessentials、Dekmantel、Unthank、Shevchenkoなど、ヨーロッパを中心に人気レーベルを総ナメ、そして昨年には自身主宰のレーベル<Leleka>もローンチ。シカゴ、デトロイト系ディープハウスからダビーなミニマル/テクノ、ドープなビートダウンまで展開するオリジナル作品のほか、世界を驚愕させたスティーヴ・ライヒのリミックスなど、実に幅広くハイクオリティな音楽性で高い評価を得ている、リアル・ジーニアス。今年3月には<Nuearth Kitchen>から"V"名義で『The 13 District』を、4月には<Dekmantel>から"Vedomir"名義で『Vedomir』を、そして5月末には<Firecracker>から"Vakula"名義で初のアルバムをリリース予定。何と3ヶ月連続で3アルバムを発表することになる。そのアルバム連続リリース真っ直中の来日ツアーはまさにベストなタイミング。軒並みのニューカマーとは一線を画す、”別格の才能”にぜひ注目していただきたい。

2012.5.5.Sat. undergram x ene present VAKULA JAPAN TOUR 2012
at UNIT
[UNIT(B2F)]
Vakula (Leleka / Ukraine)
NINO (UNDERGRAM / Trenton Records)
CHIDA (ene / FUNIKI ENE)
5ive (COS/MES / FUNIKI ENE)
Chabo & P'N'O (UNDERGRAM)
GOLi (Primitive / BEEFTAZ) VJ DatDesign (UNDERGRAM)

 [SALOON(B3F)]
- MOTHERSHIP -
KATSUYA
no*mad
PECO TETSUO

[UNICE(B1F)]
- DISKOTOPIA -
BD1982 (Diskotopia, Seclusiasis)
A Taut Line (Greeen Linez, Diskotopia)
sauce81 (Cosmopolyphonic)
Am Rhein (Diskotopia)
Mr. Tikini (JVB)
David Dicembre (Sound Garden) + special guests


SOUND OF VAKULA

2012.4.20.FRI. TIAGO JAPAN TOUR at eleven

20120420FRI TIAGO JAPAN TOUR at elevenIMG_8683MAX ESSATHE BACKWOODS aka DJ KENTTHE BACKWOODS aka DJ KENTTHE BACKWOODS aka DJ KENT
IMG_8693NICK THE RECORD & OKADASLY MONGOOSESLY MONGOOSESLY MONGOOSESLY MONGOOSE
SLY MONGOOSESLY MONGOOSESLY MONGOOSESLY MONGOOSESLY MONGOOSEDAS MOTH
IMG_8680MAX ESSASAMIMG_8679IMG_8698Tigao

photo by Eriko Omori

KIC TOUR 2012 FUKUOKA>HIROSHIMA>ENOSHIMA

IMG_2202.JPGIMG_1602.JPGIMG_1605.JPGIMG_1608.JPGIMG_1614.JPGIMG_1618.JPG
IMG_1622.JPGIMG_1737.JPGIMG_1661.JPGIMG_1760.JPGIMG_1767.JPGIMG_1739.JPG
IMG_1769.JPGIMG_1771.JPGIMG_2142.PNGIMG_1776.JPGIMG_1780.JPGIMG_1845.JPG
IMG_1761.JPGIMG_1855.JPGIMG_1859.JPGIMG_1897.JPGIMG_1985.JPGIMG_2044.JPG

KIC TOUR 2012, a set on Flickr.

pic by CHIDA